2015年12月31日木曜日

2015年を振り返って。

いよいよ年が明ける。

2015年12月30日水曜日

あきさん その8

あきさんが提案してくれた居酒屋は、チェーン店の居酒屋だった。ひょっとしたらお洒落なダイニングバーみたいな方が良かったのかなと思ったけれど,「気楽な感じが好きです」というあきさんに、僕は安心した。

2015年12月29日火曜日

あきさん その7

ペットショップに行って楽しんだけれど、どことなく落ち込んでしまった僕とあきさんは、ショッピングモールにあるカフェで休憩をした。小さな箱にいる犬や猫の姿がちらついて、あまり会話が弾まなかったけれど、沈黙も苦ではなかった。あきさんといると、会話がなくても、心地よかった。

2015年12月28日月曜日

あきさん その6

ブランチを終えた後、あきさんに「ペットショップでも行ってみませんか?」と誘われた。カフェではほとんどペットの話をしていたということもあって、今僕とあきさんが行くべき場所は、もうペットショップしかないんじゃないかって思った。もちろん、僕はOKした。

2015年12月27日日曜日

あきさん その5

あきさんが行きたいと言っていたカフェの最寄り駅で、11時にあきさんと待ち合わせをした。緊張の所為か、僕はまたお腹が痛くなってしまった。幸いあきさんに会う前に、トイレに行くことが出来て楽にはなったけれど、 腹痛が心配でブランチを食べられるか心配になってしまった。

2015年12月24日木曜日

あきさん その4

あきさんと会う前に、僕はあきさんに自分の写真を送った。かなこさんに送ったそれとは違い、改めて撮り直した写真だ。セルフタイマー機能を使って撮ったのだが、意識してしまった所為か、自然な表情ではなく、ぎこちないものになってしまった。しかし、随分前に撮った写真や、現実とかけ離れた写真を送るよりは幾分良いかなと思った。

2015年12月22日火曜日

あきさん その3

これまで僕は、家族と連絡を取る以外、ほとんどLINEを使ったことはなかった。だから、あきさんとLINEをし始めてから、LINEってこんなに楽しいものなんだなと感じていた。あきさんが送ってくる犬のかわいいスタンプを見て、僕もスタンプを購入してみようかなと思ったくらいだ。

2015年12月21日月曜日

あきさん その2

あきさんからは、比較的早めに返信が来た。返信を貰えないかもな、と思っていた僕は、単純にあきさんからの連絡が嬉しかった。そして、心のどこかで、「きっと、あきさんとは気が合うはず」と思っていた。まだ、面識どころかメールのやり取りもしていない間柄なのに、絶対仲良くなれるという、確信にも似た感情があった。僕の気持ちは弾んでいた。

2015年12月20日日曜日

あきさん その1

婚活に協力してくれた友人の紹介で、カメラマンのゆきこさんに出会えたけれど、結局恋には結びつかず、友人のような気持ちで落ち着いてしまった。ゆきこさんに会ったことで、しばらく婚活サイトを開いていなかったけれど、僕はまた頑張ろうと思った。

2015年12月19日土曜日

ゆきこさん その8

ゆきこさんは、高校からカメラをさわっていたらしい。1人で写真部を名乗っていたそうだ。でも大学卒業後、一度、カメラが嫌いになったため、ほとんどのカメラとレンズを売り払ってしまったらしい。飲み会にお金をもって来なかったり、多少遠慮がないところがあるけれど、先程キッチンを撮影していた時の雰囲気は、普段とは違ったので、仕事にとても真摯に向き合う人なんだな、と思った。

2015年12月18日金曜日

ゆきこさん その7

「今日はありがとうございます。すみません、手ぶらで。何か買っていきましょうか?」とゆきこさんに言われた僕は、家にケーキあるんで、と言った。するとゆきこさんは、「え、いいんですか?すみません、ごちそうになります」とあっさり言ったので、僕はまたも驚かされた。

2015年12月16日水曜日

ゆきこさん その6

ゆきこさんにキッチンの撮影をお願いされた僕は、正直すぐにはゆきこさんの要望を受け入れられなかった。唯一自分がくつろげる自宅に誰かを招くことに抵抗があったし、毎日使用しているキッチンを撮影されることにも、もやもやがあった。すぐに家に誰かを招きたい人や、誰かの家に行きたがる人もいるが、僕はそのどちらも好きではなかった。誰かの自宅に行くと、お返しに自宅に招かないといけないような気になるし、自分の自宅を隅々まで見られることに気が進まなかった。

2015年12月15日火曜日

ゆきこさん その5

すごく楽しい夜だった。久しぶりに心から笑えた時間を作ってくれた友人夫婦に、せめてものお礼がしたくて、この会の費用を全額支払うつもりだった。それを申し出た途端、ゆきこさんが「ごめんなさい…。今日1000円しか持ってなくて。本当にすみません、猫背さん。ごちそうになります」と言った。

2015年12月14日月曜日

ゆきこさん その4

「普段、朝から晩までずっとスタジオで撮影だったり、編集だったりで、なかなか休みがないんです。だから久しぶりに飲みに来られたので、嬉しいです」とゆきこさんは言っていた。僕はカメラマンではないし、カメラマンとしての仕事なんて何一つわからないけれど、僕の研究と少し似ているなと思った。というのも、僕も納得がいかなければ、深夜過ぎまで仕事をしている事もあるし、ずっと室内に籠っている所為で、たまに時間の感覚がわからなくなることもある。

2015年12月13日日曜日

ゆきこさん その3

挨拶もそこそこに、僕たちは早速お店に入った。女性と行くお店なので、てっきりもっとお洒落な所に行くのだろうと思っていたけれど、雑居ビルの居酒屋だった。友人の奥さんのお店のセレクトに少し驚いたけれど、僕的にはこういった居酒屋は気楽だったし、そもそも女性達が「居酒屋大好き!」と喜んでいたので、よかった、と思った。比較するなんてとても申し訳ないけど、大学時代に交際していた彼女はお酒が苦手だったため、一緒に行けなくて残念だったからだ。

2015年12月11日金曜日

ゆきこさん その2

とある週末の夜、僕は友人夫婦とその友人と飲みに行くことになった。いつもより少し早めに仕事を切り上げた僕は、いつもより少しだけ自分なりにお洒落をしていた。そんな僕を見た女性の同僚が「今日デート?」と言ってニヤニヤしてきた。「ちょっとした食事ですよ」と言った僕は、こうやって人の変化を感じ取ってはいちいち言ってくる人は嫌だなと思った。

2015年12月10日木曜日

ゆきこさん その1

ただ単に皆言わないだけかもしれないけれど、少なくとも僕が知っている限り、僕の周囲には真剣に婚活している人はいない。周囲、といっても僕の交友関係はとても狭いので、大した周囲でもないのだが、僕が以前「婚活サイトに登録してみようかな」と言った時、「まだ早いんじゃないか」といった反応がほとんどだった。

2015年12月9日水曜日

猫背のぼやき。

12月になると、自然と忙しくなる。クリスマスから三が日までは、人がいなかったり、業者への発注もできなかったりで、仕事が滞る、それまでになんとかキリのいい所まで、と駆け足になるのだ。

2015年12月8日火曜日

かなこさん その12

僕の余計な一言で、かなこさんとイルミネーションを観に行くことになってしまった。自分で言っておきながらすごく無責任だけれど、僕は気が進まなかったし、何で言ってしまったのか後悔した。そもそも、イルミネーションの話をしたのがまずかった。

2015年12月7日月曜日

かなこさん その11

かなこさんは、とても結婚に焦っているようだった。

2015年12月6日日曜日

かなこさん その10

こういう時、何と言えばいいのだろうか。

2015年12月5日土曜日

かなこさん その9

かなこさんは、とても野心に溢れている気がした。

2015年12月4日金曜日

かなこさん その8

かなこさんは、見かけによらず、随分と積極的で明るい方だった。

2015年12月3日木曜日

かなこさん その7

僕の気持ちは、一気に萎れてしまった。

2015年12月2日水曜日

かなこさん その6

待ち合わせ場所に、かなこさんはいなかった。

2015年12月1日火曜日

かなこさん その5

かなこさんとお会いする日、僕は体調を崩してしまった。