2017年1月31日火曜日

北川君の話 その3。

先週末、北川君とBさんの会が行われた。さちこさんと僕の休みは、相変わらず合わず、とても残念な気分だった。しかし、Bさんに北川君を紹介する会が上手くいくことを想像して、気持ちを入れ替えた。

2017年1月27日金曜日

北川君の話 その2

Aさんにそれとなく北川君のことを話すと、Bさんは北川君に会ってみたいと言ってくれた。幸い北川君も、「僕でいいなら、Bさんに会ってみたい」とノリノリだったので、早速二人が会う次第となった。

2017年1月25日水曜日

北川君の話 その1。

ちょうど昨年の年末頃、僕は同僚の女性Aさんに「誰かいい人いない?」と言われた。何でもAさんの妹であるBさんが、そろそろ結婚を考え始めたらしいのだが、出会いがないため男性と知り合う機会がないそうなのだ。

2017年1月21日土曜日

さちこさんと僕 その13。

お互い忙しくて会う時間がなかったが、何とか時間を作ろうと思った僕は、さちこさんにそれとなく言ってみた。

あまり無理にいうと迷惑がかかるので「もし良ければ」ということを伝え、さちこさんに負担にならないように努めた。

さちこさんは「お昼休憩が1時間あるから、1時間だけなら…」と会うことを了承してくれた。

2017年1月19日木曜日

さちこさんと僕 その12。

昨日帰宅すると、さちこさんから小包が届いていた。

さちこさんから一切「郵便を送る」という連絡がなかったので、宛名を見てすごく驚いた。

2017年1月17日火曜日

さちこさんと僕 その11。

さちこさんのお父さんは、今しばらく入院が必要だが、容体は安定して快方に向かっているそうだ。大変喜ばしいことだ。

お父さんの具合も良くなってきたということもあり、さちこさんは「そろそろ戻ろうと思う」と連絡をくれた。明後日に、こちらに帰ってくることになった。

2017年1月14日土曜日

さちこさんと僕 その10。

さちこさんから、「この週末に帰る予定だったけど、入院したお父さんの容態が心配なので、少しだけ滞在を延ばします」と連絡が来た。

滞在を延ばす程お父さんの具合が良くないのか…。そう思った僕は、心配だったのでさちこさんに電話をした。

だがさちこさんの口ぶりは「大丈夫だよー」と深刻そうではなく、あっけらかんとしていた。そう言われた以上、踏み込みことはできなかった。

2017年1月12日木曜日

さちこさんと僕 その9。

昨夜仕事を終えた後ラインを見ると、さちこさんから「お昼にお父さんの具合が悪くなって、そのまま入院しました。今はだいぶ良くなりました」とメッセージが入っていた。

2017年1月10日火曜日

さちこさんと僕 その8。

漸くお正月休みをもらえたさちこさんは、昨日から実家がある青森県に帰っている。

さちこさんのお休み中、何とか会えないかと思ったが、僕に会うことで実家にいる期間が短くなるのは申し訳ない。

それに、さちこさんのお父さんの具合があまり良くないと聞いていたので、実家での時間を大事にしてほしいと思ったので、デートの提案をするのはやめることにした。

2017年1月7日土曜日

さちこさんと僕 その7。

僕はまったくそのつもりはないのだが、僕の簡潔なメッセージは、時に冷たい印象を受ける、とさちこさんに言われた。

確かに、僕は何かに熱中すると他が疎かになるし、そもそもスマホの文字入力が早くないので、長文を打つのが時々面倒に感じてしまう事がある。

きっとそういう感情がむこうにそのまま伝わってしまっているのかもしれない。反省だ。
申し訳ないなと感じた僕は、少しでも明るいLINEにするために、昨夜LINEスタンプを何個か購入してみた。

2017年1月5日木曜日

さちこさんと僕 その6。

昨日から、また仕事が始まってしまった。

今朝は起きるのも、朝食を食べるのも憂鬱で、職場に向かう間もずっと気持ちが晴れなかった。

僕は満員電車が大嫌いで、満員電車に乗りたくないがために、職場から比較的近い場所に家を借りているのだが、今朝はその短い通勤路ですら、満員電車のように気持ちが沈むものであった。

数日もすれば、こういった気持ちは吹き飛ぶのだろうが、暫くは休みの余韻からは抜け出せそうにない。

2017年1月2日月曜日

さちこさんと僕 その5

昨日、LINEでさちこさんと会話をしていたのだが、「猫背さんは去年大殺界だったけれど、今年から運気が戻ってくるよ」と言われた。

2017年1月1日日曜日

さちこさんと僕 その4

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。